Numata Mizuki
沼田瑞希
1995年生まれ。
文化学園大学デザイン造形学科映像クリエイションコース卒。

卒業制作では現代のセクシャルマイノリティに向き合い
若者の「感情変化」や「苦悩」などをよりリアルに追求し発表。
学長賞と最優秀監督賞受賞する。
その後、2018年4月よりTHINKRに入社。

抽象的なグラフィックアートを中心とし、絵画・メディア編集・ジュエリーなどの金属装飾・服飾・ヘアメイクなど、さまざまなデザインの基礎を学び「柔軟な表現力」を身につける。
その経験からPCのみに頼ったデジタルワークだけでなく、手描き・アナログ表現などの
素材加工といったハンドワークを映像作品に取り入れることが多い。
在学中はディレクター兼カメラマンとして撮影活動を行い、
モデル兼企画演出としてファッションショーを幾度となく成功させる。
その傍らNHKで制作経験を積む。

萌え鬱アニメとカレーとが心底好き。