マクドナルド2020夏 TVCM「マックシェイク® S¥100 M¥150 ずっと好き篇」

マックシェイクがある、夏の風景を、ひとりの女性の思い出と今を通して描いたアニメーション映像

OUTLINE

ひとりの女性の人生で、変わりゆく日々と、変わらないマックシェイクを、「明るく」「広く」「エモく」をコンセプトにアニメーションでの表現を目指しました。 監督はbanishment(FLAT STUDIO)が担当し、特徴的な夕景の光の演出やノスタルジックな風景などを映像に落とし込み、コンセプトに沿った映像を実現。キャラクターデザインはasano66(FLAT STUDIO)、音楽はGuiano(KAMITSUBAKI STUDIO)が手掛けています。

POINT

監督のbanishment、キャラクターデザイン・作画監督のasano66をはじめ、作画、美術、撮影、3DCGまで少数精鋭のチームが制作を取り仕切りました。ひとりひとつのセクションではなく、短尺映像だからこそ可能なひとりのクリエーターが複数のセクションを担当するかたちで実現しています。

RESULT

Twitter約30万回再生を超え、Youtubeが約170万回もの再生を記録するなど多くのかたの目に止まった映像です。TVでの露出もありソーシャルとマスの両方をまたぐクリエイティブになりました。また、「舞台が長崎かもしれない」といった検証記事が生まれるなど、予想外の広がりも見せました。

CLIENT

  • 日本マクドナルド株式会社

AGENCY

  • 株式会社TBWA HAKUHODO

PRODUCTION

  • 株式会社ティー・ワイ・オー