GRAPHIC, BRANDING

美少女戦士セーラームーン展

世界観のある作品を基にした、夢のある展覧会演出

OUTLINE

六本木ヒルズ・森美術館の展望台「東京シティビュー」にて開催された、同作品の連載開始史上初の展覧会となる「美少女戦士セーラームーン展」のグラフィック周りのアートディレクションを担当いたしました。

KEY VISUAL

キービジュアルは、「東京シティビュー」という東京の夜景が一望できる会場ロケーションに合わせて作者・武内直子氏が書き下ろしたイラストに、
六本木の夜をイメージした背景とムーンキャッスルをイメージした手描きのイラストを乗せて仕上げ、
会場デザインにも連動させることで来場者の期待値を高めています。
 

また世界観とロケーションを踏まえ、「天空のミラクル・ロマンス」というコピーを合わせて提案。
このコピーとメインビジュアルをイメージしたカフェメニュー「天空のミラクル・ロマンスパフェ」も考案され、カフェで提供されました。

WEB SITE



展覧会の情報を集約させたWEBサイトでは、セーラームーンの世界観を踏襲したシンプルなデザインに。
売り切れが続出したグッズの入荷情報を随時更新し、いつでも最新の情報が手に入る動的なWEBサイトとなっています。
他にもカフェメニューや展示内容、場内MAPなどを掲載しました。

ENTRANCE



展示空間の目玉となるメインエントランスには、
作中に登場する重要な場所「ムーンキャッスル」をイメージした窓面アーチを制作。
アーチを通して東京の夜景が一望できる演出は、まるでセーラームーンの世界に迷い込んだような空間となり、
来場者の撮影スポットとして大変な人気を集めました。
   

CHIBIUSA CAFE

 

併設されたコラボカフェ「CHIBIUSA CAFE」のアートディレクションも行い、ロゴやメニューデザインなどを提案。
メインキャラクター・ちびうさを彷彿とさせるロゴマークはスタッフのエプロンや、キーホルダーなどグッズとしても多数展開されました。
同カフェでは壁面装飾、テーブルシート等といった店内装飾も担当し、
Twitterやinstagramではカフェの料理と一緒にメニューやテーブルシートも写されシェアされるなど、空間はSNSでも話題を呼びました。

CREDITS